自分の飼っている猫の体質に合わせたキャットフードを選ぶ

人にも人によって色々な体質があるように、猫であってもその個体によって体質が異なっていても何も不思議な事ではありません。しかし猫の場合に人と比べて厄介な部分は言葉が通じない事が大きいのではないでしょうか。人間であれば体調の変化などをある程度の年齢になればしっかりと周りの人に言葉や仕草で伝える事などが可能になります。しかり猫はそうは行きません。普段食べさせているキャットフードが果たしてその猫の体質にあっているかどうかについては疑問である部分も多いでしょう。コミュニケーションによって情報を共有しあう事は出来なかったとしても、シマックス病院などへ検診へ連れて行く事によって色々な検査の中で分かってくる部分もあるでしょう。猫にも糖尿病や肥満といった人と同じような生活習慣からの病気が存在します。猫にも人と同じように尿管結石なども起こる事があるのです。同じように生きている生き物であるからこそ、それをペットとして飼育する中で飼い主に対して生き物を飼う事の責任がある事は明白です。お菓子が好きだからと毎日お菓子ばかりを食べていれば、病気になるリスクは人であっても増えていく事が容易に考えられます。最近がよりペットを人に近く飼育している人も多くなり、自分達が食べている食べ物などをそのまま一緒に食べる人も居ます。可愛いが故に行ってしまう行動である事は仕方ない部分もあるかもしれませんが、ペットはどこまでいってもペットである事には変わりないのです。人とは違った生き物である為に、同じ箸などを介せば動物にとっては無害であっても人にとっては有害である寄生虫などに感染する危険性もあります。


また、動物の好みは人それぞれであり自分の好みを周りの全ての人に対して押し付けるような事はしてはなりません。自分が猫をどれだけ家族のように扱い、子供のように可愛がったとしても公共の場などにそれを求める事は出来ません。食事の面でもそれは同じです。人が入るレストランなどにはペット同伴可の所でない限りは動物は入る事が出来ません。それも犬限定である所などもあるかもしれない為、事前に確認が必要でしょう。猫に人と同じ味付けの食べ物などを与える事は、大切な猫の健康を早い段階で損ねてしまう可能性を作ってしまいます。キャットフードも最近では開発が進み、とても美味しそうな物もあります。乾燥しているタイプの物にソースのようにかけたりふりかけのように上から乗せたりしてアレンジを加える事が出来る物もあり、食欲のない猫の食欲を掻き立てる事も出来るのではないでしょうか。家の中で飼育している猫に関しては毛玉をどこかで吐かれては掃除が面倒であると感じる場合もあるかもしれません。そういった場合にお勧めなのが、毛玉を便と共に排出させる事が出来るタイプのキャットフードです。実際に自宅に飼っている猫にもそういったタイプの物を与えていますが、毛玉を部屋の隅などで吐いているといった事がなくなりました。やはり時々は猫用に育てている草などを与える事もよい刺激になっていいのかもしれませんが、普段の生活の中で上手くキャットフードを選択する事は自分の生活の中での負担を少しでも減らす事が出来ると共に猫のストレスも軽減し、より健康的なペットと長い時間を一緒に過ごす事が出来るのではないでしょうか。